イー・ステート・オンラインの解析・分析の最大の特徴は、個人情報をベースに顧客行動を評価する“顧客動向解析”にあります。これにより、サーバログにて把握可能なWeb上での行動履歴に加え、顧客の実行動を定量的に評価することができ、広告の実効果を、極めて高い精度で検証いたします。

個人情報を用いた動向解析

顧客動向解析

結合データを基にしたレポーティング

レポート頻度、分析範囲など、用途やコストに応じてフレキシブルに対応。

効果分析

来場・契約流入媒体

資料請求時の媒体情報と来場・契約を紐付けることで、媒体効果を詳細に把握、媒体選定の基礎材料とする。
資料請求数重視、来場率重視、契約単価重視など、各販売フェーズに応じた媒体選定判断が可能となる

クロスメディア分析

Web以外の媒体との連動効果を綿密に把握し、Web以外の媒体効果を評価する情報とする。
チラシと検索ワード・反響者属性・サイト流入状況などとの関連性を把握

ターゲット流入媒体

集客ターゲットと流入媒体との関係などを把握、媒体選定時の基礎材料とする。
資料請求数は多いが購入予算が低い、来場率は低いが購入予算が合致する、などの傾向を把握

サイト内アクション評価

Webサイトへ流入後のアクション(資料請求、来場予約など)率をベンチマーク化、サイトチューニングの基礎材料とする。
アクション率の低下~媒体との関連性検証~サイト内回遊促進策の検討~エントリーフォームの改修

競合他社との比較により、客観的な考察を行い、対策方針を立案。

定量データに基づく客観的な判断により、
的確に改善ポイントを抽出します。